美容室情報

スタイリストへの道のり

 美容師として国家資格を取得しても、すぐにお客様のカットをさせてくれる訳ではありません。専門学校を卒業後には美容室での勤務となります。美容室で勤務を行ないながら国家試験の合格を目指している美容師さんも少なくありません。美容室に入社して初めはアシスタントの業務をこなします。先輩美容師に指示されたり、シャンプーや掃除などを主に行なって行きます。このアシスタント業務後には、カットの練習等も行ない、帰宅が深夜になることもあります。アシスタントとして毎日シャンプーを行なっていると薬剤で手が荒れてしまい、心も折れてしまう美容師さんも多いと言われています。ですが、このアシスタント業務を乗り越えてこそ一人毎の美容師になれますので、頑張っていきたいものです。アシスタント業務は2〜3年が一般的と言われています。この間にカットの技術を学び、これからのスタイリストに向けて日々努力して行く事になります。アシスタントの業務が終わる頃にはスタイリストとして認められます。お店によってはさまざまなテストを行い、オーナーの方の合格点をもらえるとスタイリストとして、お客様のカットを行なう事ができます。お客様の要望に応えられるように、アシスタント時代の下積みがとても大切になってくるんですよ。カットをしている最中にも、カットばかりに気をとられずに楽しい会話を心がける事や、気配り等も忘れずに行なわなければなりません。スタイリストとして成長して行くにも、業務終了後にカットの練習は欠かせません。美容室のHPを作るならこちらがオススメです→